塔2022年1月号を読む

短歌

今年も塔をゆるりと読んでいきます。

塔2022年1月号より

スフマート と子に言いかけてやめにけり光は説明するものにあらず
(永田紅)

汚さねば生きていけないつたなさの 神話のような朝焼けに会う
(大引幾子)

マリーゴールド、サルビアいまだ咲きをれば物を思ふは明日にしよう
(加藤和子)

柿の実の朱きを越えて渓深く見上げし空の底見えぬ青
(大久保明)

うつくしきディスタンシングどこまでも晩夏の空を鳥かへりゆく
(広瀬明子)

読み終えて読書灯をけしたれば闇にとけゆくうす闇の美し
(岡山あずみ)

ずつと息を止めてゐるしかもあの日から五年が過ぐる バラの前に佇つ
(向井ゆき子)

ものがたりだらけの街で生きてきた ぼくらのための虚構をください
(宮本背水)

表紙が変わりましたね

塔の表紙の印象ががらっと変わったと思っています。
年初なので、今年もみなさまのご健詠をお祈りします。

タイトルとURLをコピーしました