11tyが1.0.0をリリースしたのでブログを直しました

ウェブの海

開発者っぽい投稿です。

11tyついに1.0.0をリリース!

11tyが今月9日(日本時間)についに1.0.0をリリースしました。
静的サイトジェネレーターの中でもかなりシンプルな方だと思っています。

特徴をまとめます。

特徴

テンプレートで使える言語が多い、これは特筆すべきかなと。
pugやHTMLは標準装備として、Nunjucksを使えるものはなかなかないのではないかなと。
そもそもNunjucksって何? ってなりそうなマイナーな言語ではあるのですが、マスタッシュ使ったりとそんなに学習難易度は高くない……はずです。
MarkDownももちろん使えます。

公式に「JavaScriptのフレームワークではありません」と書いてあるとおり、フレームワークがちがちじゃないので、かなり寛容です。
むしろ自分でフレームワークを作るくらいの方にオススメです。

ZERO CONFIG(初期設定不要)はわりと最近聞く気がしますが、11tyもそうです。
設定系統は.11ty.jsというファイルでおこないますが、独自にコレクションやフィルターを大量に作らない限り重くはならないはずです。

コレクションとフィルターについては後日記事にしたいです。
ここで簡単に書いておくと、コレクションはタグを使うような機能、フィルターは絞り込み用の機能です。雑な説明なので後日きちんと書きます。

成果物

こちらです。
https://murder-of-crows.vercel.app/

URLでわかる通りVercelを使いました。
記事はMarkDownで書き、実はあまりNunjucksを使っていないという。

スタータープロジェクトは11ty-base-blogを利用しました。
ちなみに、何かしらスタータープロジェクトを使う予定なら、先に使用するスタータープロジェクトのcloneをオススメします。

ブログくらいのものではなくポートフォリオに使用することもよいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました