塔2021年10月号を読む

短歌

本名が見慣れません。

塔2021年10月号より

不様なる青春を綴り綴り終へそれがドラマになるなどと はや
(永田和宏)

葉のしづく弾きとばしてこの夏のみんみん蟬が鳴きはじめたり
(小林幸子)

古墳もつ丘のなだりに枝を振りぬ夏の樹木の熱量高し
(なみの亜子)

六羽目のツバメ停まりてヨシ倒れパッと飛び散る悪いものない
(池本一郎)

頭の重き紫陽花のためクリスタルの花瓶に水を深く満たせり
(山西直子)

眠れずに夜の底へと降りるときねむっているひとみんなゆうれい
(大森静佳)

不意に死をほのめかしたくなることがあって茫洋たるパンケーキ
(帷子つらね)

君の持つ傘の絵柄が寂しくて恋から孤悲に変わる六月
(小島涼我)

幽霊を映せずにいる水たまりだけが残っていた虹の午後
(朝野陽々)

かなしみは氷魚のごとくに透けながら夜明けを孵りやまざる涙
(千葉優作)

どうでもいい話が好きだ 日本酒に溶けた他人の夢を呑みこむ
(宮本背水)

きみに会いに行く日はわざと切符買うガシャンと記憶に残るように
(丘光生)

立冬

朝、洗濯物を干していたら自然に息が白くなりました。
寒さ対策はしっかりしていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました