2021年1月のバレットジャーナルを振り返る

1月は行って2月は逃げて3月は去る、って毎年言ってますが本当にそうだと思います。

製作物の写真が多かったです

なくしてしまったので手袋を編んだり、ボックスティッシュのカバーを作ったり、持ち歩き用ポーチを作ったり。
なんだかんだと編み物や裁縫をしたので、今月は写真が多い月でした。
全然関係ないですがミシンとは最近仲良くできるようになりました。

それらしい気の利いたイラストを描くセンスがないので、写真は目で楽しむ分に良いと思っています。
バレットジャーナルの視覚要素重要です。

比較的短歌を多く詠めました

わたしの短歌を面白がってくれる方が現れたので、なんだかんだいつもより歌を詠めました。
コレクションの歌メモが充実しています。
いうほど大した数でもないんですが。わたし比です。

よいことマーカーを増やしたい

わりと初期の頃から、幸せだったり良かったと思う出来事のログにマーカーをひいているのですが、いかんせん数が少ないです。
もっと身近に楽しいことを見つけてマーカーをひけるようにしたいところです。

今月はなぜか忙しめでしたが、来月も忙しめな予定になっております。
来月につづく。