塔2020年11月号を読む

もう年の瀬ですが……。
大変お待たせしました。

塔2020年11月号より

午後七時まだボール追う少年ら上弦の月見え隠れいる
(酒井万奈)

無花果も蟬もゴーヤカーテンも去年にそっくり 真夏を歩く
(藤田千鶴)

夜の風はいかなる他者か羽化了へていまだその翅濡れゐるものに
(竹下文子)

短い夢を見てゐたのだらう累累と月下の森に蝉の腹あり
(千名民時)

日に六回上を向くなり目薬のきらめく湖(うみ)をただただ見つめ
(しん子)

夕ぐれの蜩の声こんなにもやさしく聞きて花に水やる
(杉崎康代)

萎れたるアジサイの首に近づけておほきな鋏をひらいてとぢる
(一宮奈生)

その人のことは訃報で知りました。無風の夜のトラックの音
(田村穂隆)

梅雨の雲ゆつくり動きときどきに雲間を開き薄日をもらす
(内藤久仁茂)

うつくしいものを集めたきみの眼のその輝きがすこしむなしい
(宮本背水)

かさぶたを剥がして傷をつくること それがわたしの安楽でもある
(音無早矢)

別件ですが

PHP、この環境でも動くはずなんですがね……。
なぜ動かない……。